リフォームとの違いとは?リノベーションについて初心者にも分かりやすく解説

当サイトではリノベーションについて初心者にも分かりやすく解説しています。
リフォームとの違いも触れているので、異なる点が分からない場合にも参考になるでしょう。
大規模改修工事は、施工会社によって完成度が大きく異なることがあります。
理想的な仕上がりを目指すためにも、慎重に検討する必要があります。
改修工事の予算が決まっている場合は、複数の業者に相見積もりを依頼するのがおすすめです。
予算に合わせた工事が目指せます。

リフォームとの違いとは?リノベーションについて初心者にも分かりやすく解説

リノベーションはリフォームとどこが違うのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
これらは似ているように思われますが、リフォームは壊れていたり老朽化したりしたところを元のレベルに復元するのが特徴です。
雨漏りの修理や浴槽の交換、増築などが含まれます。
リノベーションは元のレベルに戻すというよりは、さらに価値を高めるためにおこなうという点で違いがあります。
間取りを大きく変える場合もあるのが特徴です。

リノベーションはリフォームでは難しい水回りの移動も可能

リノベーションでは、キッチンや洗面所といった水回り設備の移動も可能です。
キッチンには水道だけでなく、ガスや電気なども通っています。
これらの設備全体を動かすことになるため、工事の規模が大きくなる傾向です。
場所そのものを移動するのではなく、設備の向きを変更するだけなら、必要な工事が少なくなります。
工事の規模や費用などを考慮し、配置を検討することが大切です。
トイレは汚水の配管が関係してくるため、大幅な移動をするのがやや難しくなります。
向きを変更する、個室をやや広くするといったリノベーションであれば、費用を抑えることができるでしょう。
水回り設備の移動をする場合、設備のそのものを新しくするかどうかで、トータル費用が変わってきます。
施工費用以外に新しい設備の購入費と、古いものの処分費用が発生するためです。
移動工事にかかるコストや設備の価格など、様々な点を考慮してリノベーションの計画をたてると良いでしょう。

リノベーションはスケルトンリフォームと呼ばれることもある

中古住宅を改修し、快適性や利便性をアップさせることをリノベーションといいます。
リフォームと呼ばれることもありますが、一般的には住宅等を新築当時の状態に戻すことを目指して補修工事をメインとするのをリノベーション、住宅等に新しい価値を加えるような工事を行うことをリノベーションと呼んでいます。
ただ、この言い分けには基となる厳密な定義があるわけではないので、両者には重なる部分も少なからずあります。
たとえばスケルトンリフォームなどは、基本的にはリノベーションと同じ意味だと考えて差し支えありません。
スケルトンは「骨」「骨格」などの意味を持つ言葉ですが、建造物においては屋根や外壁、支柱など、その建物の基本的な構造部分に当たるパーツを言います。
大規模なリフォームでは、この構造部分だけを残して後はすべて取りはらい、ゼロベースで間取りや内装デザインなどを設計し直して施工します。
完成後の建物は、新築と変わらないほど見た目や機能などが一新されます。

リノベーションは建物の構造体を残して内装を解体する

リノベーションはリフォームとの違いが度々比較されますが、基本的には建物の構造体だけを残して、内装を解体する作業と捉えれば理解しやすいのではないでしょうか。
リノベーションは、修繕などの性質が強いリフォームに対し、用途の変更という更に大きな目的で工事が行われることが多いです。
つまり、リノベーションには大掛かりな工事がつきもので、内装の解体は避けて通ることができないわけです。
構造体が見えるまで解体するのも必要性からですし、解体作業なしにリノベーションを実現することは不可能だといえます。
言い換えると、内装をまるごと新しくできるので、見た目を完全に別物につくり変えることが可能です。
間取りの変更もお手の物ですし、全く違う部屋の配置やつくりにすることもできるので、予算が許す限りどのようにもつくり変えられます。
壊して新たに内装を仕上げる形となりますから、部分的に流用するのは難しいですが、請け負う業者によっては柔軟な対応で上手く流用してくれるのではないでしょうか。

リフォームとリノベーションの主な違いは施工を行う建物の状態

リフォームは、老朽化した建物を新築当初の性能に戻すこと、リノベーションは、新築状態より性能を高め、建物に新たな付加価値を足すことです。
マイナスからゼロに戻すのがリフォームなら、リノベーションはゼロからプラスにもっていくという違いがあります。
クロスや床の張り替え、設備の取り替え、外壁の塗り替え、キッチンや洗面台の交換、古くなったフローリングを新しくする等はリフォームが向いています。
工事期間はリノベーションに比べて短くコストも低めです。
一方、ライフスタイルの変更や設備の使いにくさを感じた場合に行う部屋数の変更、間取りの変更、水回りの機能を向上させるための配管移動などは、建物を骨組みだけのスケルトン状態にして行うリノベーションが向いています。
マンションの場合は天井や壁、柱を撤去して間取りを変更しますが、一戸建ては基礎や柱を残して屋根や外壁も撤去するケースがあるので、費用は高めになることが多いです。

リノベーションに関する情報サイト
リノベーションの情報サイト

当サイトではリノベーションについて初心者にも分かりやすく解説しています。リフォームとの違いも触れているので、異なる点が分からない場合にも参考になるでしょう。大規模改修工事は、施工会社によって完成度が大きく異なることがあります。理想的な仕上がりを目指すためにも、慎重に検討する必要があります。改修工事の予算が決まっている場合は、複数の業者に相見積もりを依頼するのがおすすめです。予算に合わせた工事が目指せます。

Search